トップページ 新着情報 会社案内 企業理念 技術紹介 実績紹介 採用情報

コンセプト

ブランド・メッセージ

石勝グループでは社内で石勝ブランドの理解を深めるとともに、積極的に社外へ発信するためにブランド・メッセージを策定し展開しています。
私たちの心を映し出す日本固有の生活文化は、祖先の大自然への畏敬の念と、その大自然と調和しながら生きるための糧を得るための深い叡智が、脈々と受け継がれ、100年、1000年と悠久のときを経てつくり出された風土そのものです。
当グループでは「普遍的な風土を残す」、という社会的使命を果たすため、「みどりとともに」というスローガンを掲げ、「みどりとともに」在るべき‘ZOEN’を実践する精神性や技術の継承、発展させることに取り組みます。

‘ZOEN’の原風景

美しい里山の風景に、私たちはなぜ郷愁を感じ癒されるのでしょう。

それは自然を慈しみ、寄り添いながら、人間だけではなく、そこに生きるすべての生き物が生態学的に繁栄できる「連鎖植生とその維持育成」の仕組みが永いときを経てつくられ「風土」となっているからです。

石勝グループの‘ZOEN’は、里山の風景こそが造園の原風景と捉え、庭園の築造技術から環境と経済、そこで生きる全ての
多様な生き物が調和し、永続的に発展する「風土」になる環境を創出したいと願う理念から実践されています。

1,000年後を見据えたZOEN(造園)

江戸の開府のために、徳川家康の命により全国から集められた職人衆。石勝エクステリアという風変わりな社名は、その職人衆の中でも際立った存在であった『石勝』にその起源があります。

1706年(宝永3年)創業された石勝は、たび重なる江戸城の石普請に加わり、明治初年には青山警視庁墓地(現青山墓地)の開設に貢献し、大正にかけて多くの石造建造物の建造にその業を揮ってきました。今日でも「青山・石勝ヲ刻ム」と印された記念碑や神社の石像美術品に全国いたる所で出会えることは「天下の石勝」と称された一級の技術を揮った石勝の歴史を雄弁に物語っています。


時代は変わって、その技は造園技術へと進化してきました。石勝エクステリアが伝統と技術の双方を社風に備えているわけは、こうした数世紀にまたがる文化を背景に持っているからにほかならないのです。

同様に造園技術の概念と職域も、単なる庭園の建造技術から、自然の営みと人、そして環境創造技術へと進化を遂げてきました。

『造園 = ZOEN』

この言葉は、一昔前の限られた分野の技術用語から、いまでは地球環境までも見据えた、環境と経済が調和する持続可能な社会環境に貢献する概念として人々の日常生活に必要な存在となっております。

21世紀は環境革命の時代ともいわれ、地球という存在が限りある資源であることを人類が知り、化石燃料に依存しない低炭素社会を目指して、いま何をしなければならないか、同時にいま何が求められているかが問われています。

人間を含めたすべての生き物にとって重要な「緑」「水」「土」の自然資源を基盤とした造園ーZOENこそ、経済と環境が調和する社会へ貢献できる職域であり、職能であると私たちは確信しております。




私たちは「景観10年、風景100年、風土1,000年」を造園の進化と考え、まず景観を整え、やがてその景観が風景として土地になじんでいく、そんな時の流れを願っています。 

「風土1,000年」の完成をかなたに見据えながら・・・・

 

大径木移植、壁面緑化、屋上緑化、室内緑化など多様な緑化技術を活用し、自然との調和を目指す、環境創造を実践しています。

石勝エクステリア
ご利用について個人情報の保護 | 
Copyright © 株式会社石勝エクステリア. All Rights Reserved. 
石勝エクステリア トップ 東急不動産ホールディングス 石勝グリーンメンテナンス 個人情報の保護 ご利用について お問合せ